2017年12月31日

2017年、最後の日記


日記を書き始めて、もう、ウン十年になります。

先日、ネットの記事で「モーニングページ」というものを知りました。
https://kinarino.jp/cat6-ライフスタイル/19807-毎朝書くだけ♪未来が開く魔法の『モーニングページ』を始めよう

これは、「毎朝少しだけ早起きをして、ノートに思いついたことを3ページ書く」というもの。
朝に書くことや、手書きで書くこと、最初の8週間は読み返さないなどのルールがあるようで、これを続けることで自分が無意識に蓋をしていた感情や思いを捉えられるようになったり、頭の中がクリアになったり、やりたいことが見えてきたりするそうです。

「モーニングページ」は知りませんでしたが、わたしは同じようなことをウン十年、ずっと続けてきました。
本来のやり方と違うのは、書く時間が朝だけに限らないということ、1ページしか書かないときもあれば10ページくらい書くときもあるということ、そして、8週間どころかほとんど読み返していないということ。

つらつらと、自分にしか読めない文字で書き綴る日記帳には、たくさんの感情が詰まっています。
多分、あと50年くらい経って(生きているのか?)から読み返したら、「わたしも若くてピュアだったのね」と、少し気恥ずかしさを感じることがあるのかもしれません。
でも、いまはいまの精一杯を書いていて、「これがわたしの天井だ」って、言えるような気がします。

2017年、途中から使っていたノートは、Rollbahnの限定ノートでした。
ここ数年は、日記帳はRollbahnと決めていて、どこへ行くにも持ち歩きます。
自宅には、白紙のノートが10冊くらいあって、次はどの柄を使おうか考えるのも楽しみ。
2018年は、どのノートと一緒にスタートしようか。

さて、今年もあと15時間あまり。
今年最後の「モーニングページ」を書いてから、家に帰ります。
2017年の振り返り。たぶん、3ページではおさまらないだろうな。

hiro