2016年6月6日

コーヒーと日記

IMG_6070
コーヒーを飲むためではなく、
ただ日記を書くために、ときどき喫茶店に入ります。
日記はもう20年以上、いや、もっと長い間、続けていて
たぶん、この先の人生も、
日記帳とともに過ごすのだろうと思います。

本を読むとき、しおりがあったらもっと便利なように、
日記は「いま」に節目をつけて、その先へ進むためのもの。

わたしはつい、「いま」と「いままで」を混同しがちで、
「いままで」に囚われて、「いま」が見えなくなることもあるのだけど
日記に「いま」をきちんと記録することで、
「いままで」と区切って考えることができるのだと思います。

過去は繰り返さない。
なにごとも絶対ではない。
そんなことを確実に知るために、日記をつけているのだろうな。

コーヒーあるところに、日記あり。
今日はどこでコーヒーを飲もう!

hiro