2018年1月28日

お正月に向けて

2018年、もうひと月が終わろうとしています。子供の学校の節目もあり、変化の年になるなぁと心構えをしていたつもりの2018年。
が、2018年が始まる前から予想外の変化の波が押し寄せ、その勢いに流されながらも何とか踏ん張ってきましたが、それもやっとちょっとひと段落…

北京の街がだんだんお正月に向けて赤く染まってきました。今年は2月16日が旧暦のお正月。大晦日の15日から1週間ほど春節というお正月休みになります。街のあちらこちらに赤い提灯が下がり、玄関先は福の字の飾りなどで賑やかになってきました。

年末年始は恒例で日本に一時帰国して過ごしているため、お節を作り、紅白を見て、年越し蕎麦を食べ、お屠蘇で新年を祝い、親戚一同集まり… という日本のお正月をしっかり堪能しているので、なおさら2度目のお正月到来という感じがします。

スーパーへ行けば、クリスマスソングならぬ、春節ソングが流れ、年末セールとばかりにショッピングセンターは大賑わい。あ、年の瀬だと思ってしまう自分がいます。

 

北京などの都市部では田舎へ帰省する人や1週間の大型連休なので国内外に旅行に出る人達も多く、電車や飛行機、高速道路などはとても混雑します。春節の混雑が始まる前にと週末は北京に来て3シーズン目になるスキーへ。

2022年冬季オリンピック開催地の北京。先シーズンくらいからスキーリゾートが大々的に建設され、スキー場が整備され、サービスも良くなり、おそらく日本にいる方々が思い描く中国のイメージとはかけ離れた快適なリゾート空間が広がっていますよ。

miwa