2018年2月11日

フェアトレード学校

一度食べてハマった

People Treeのチョコレート

そこからフェアトレードに興味を持ち

work shopへ行ってきました

 

 

世界の貧困問題、環境問題を

ビジネスのしくみを通して解決する事

それがフェアトレードだそうです

 

今回はバレンタイン間近ということもあり

タイミングよく

チョコレートのフェアトレードについて

 

日本の輸入は

ほとんどがガーナから

カカオの生産率がコートジボワールに次いで

2番目に多い国だそうです

 

衝撃だったのは

生産している人たちは

チョコレートを食べた事がない

ということ

 

作る側と食べる側

公平な取引がされていない事実

低賃金での過酷な重労働

児童労働や人身売買など

深刻な問題が隠れている

 

安く売る

そのシワ寄せは

生産者にいってしまっているのです

 

日本で生活していると

安さの裏に隠れている事が

なかなか見えないけど

 

私たちも無関係では決してなくて

 

安いものを買う消費者がいる

それも原因の1つ

 

まずはフェアトレード商品を選ぶこと

そこから始めようと思います

 

フェアトレードの 団体があるスイスでは

駅のkioskでも

フェアトレードのコーヒーが飲めるそうです

選択肢の中に、当たり前のように存在する

フェアトレード商品

 

日本でも

もっと身近になればいいのになぁ

と心底思います

 

経済も健康も愛も

すべて”循環させる”ことが大事

 

同じ”お金を使う”なら

人の幸せに繋がるように使いたい

 

People Treeのチョコレート

フレーバーもたくさん

今回はこの2つ♡

乳化剤不使用で

材料はオーガニック

パッケージもかわいい♡

 

パッケージについている

“カカオポイント”

10ポイント貯めると

カカオの苗木を農家さんに提供できるとのこと

集めた人にはプレゼントもあるそうです

 

食べた分だけ

人の役に立つ

また美味しいチョコを作ってもらえる♫

 

幸せの循環♡

 

バレンタインが来る前に

全部食べちゃうな

35.609021,139.665481

yuka