2018年3月30日

WELEDAの日焼け止め


レーシックの手術をした時、事前検査で「瞳孔開き気味ですね」と言われたわたしは、眩しいところにいくと必ず涙目になります。
でも、陽が当たるところは大好きで、できるだけ帽子もサングラスも身につけず、日向を堂々と歩きたい。
なので、これからのシーズンは、きっと涙目になりながら日向を歩いているでしょう。

とはいえ、夏のインドの強烈な直射日光は、やっぱり目に悪いだろうなと思うので、ここ数年、インドでそとを歩くときはサングラスをかけるようにしています。
怪しいアジア人になってしまい、みんな、引いてしまうんじゃないかと不安なのだけど。

目と同じくらい、これまでほとんど無頓着だったのが肌に塗る日焼け止め。
インドでは、朝、出かける時にはちゃんと塗るのだけど、その後にヨガをしたらもうすっかり流れてしまうし、そもそも持ち歩かないので塗り直すわけにもいかず。
でも、次回のインドでは、「日焼け止めを塗り直す」を目標にしました。

もうすぐ、インド。
石鹸でも落とせるという、この日焼け止め、つけ心地が軽くて気に入りました。

WELEDA

hiro