2018年4月5日

我が家の『ふたりっ子バンザイ』

ご無沙汰しておりましたが、この冬は少しこもって子を産んでおりました。

 

前半特に何事もなく順調だった妊娠期も、突然前置胎盤との診断が出て、いつ何があってもいいように実家に長期で戻り、出産に備えました。

 

幸い恐れていた出血もそれほどなく(前置胎盤は突然の大量出血が怖い症状)、入院も10日ほどですんで、無事に元気な赤ちゃんを授かることができました。

 

実家暮らしも終わり、家に帰ってきて長女と次女とふたりっこのお母さん生活が始まりました。

何もかもが初めてでもうてんやわんや。

 

え、お風呂ってどうやって2人一緒に入れるの!

お昼寝どうやって同時にさせるのー!

 

なんて泣きそうになりながらも、今のところわりと長女がお姉ちゃんぷりを垣間見せて、聞き分けよくしてくれたりもして、なんだかんだなんとかなっています。

 

長女(2歳)はまだまだ抱っこ抱っこで母っ子だし、イヤイヤ期もあってなかなか手がかかるのですが、それでも次女の出現は嬉しいらしく、ときどき眺めてはうふふっとハートが飛んでるような笑い声を出したり、お布団かけてあげたり、泣いてたらわたしが何も言わなくても何か話しかけてくれていたりとマメマメしくお世話してくれています。

 

そんな2人の様子はもうたまらなく可愛い。

 

あ、もう一つ特筆すべきは次女の手のかからなさかもしれません。

 

なんせ、お腹を満たしておしめもきれいにしておけば、後は放っておいても(ごめん、、、)ぐっすり寝ているというおりこうちゃん。

 

ありがとうありがとう。

 

母はみんなに助けられています。

 

 

 

ちょうど次女が産まれる前に復刊になった石亀泰郎さんの写真集『ふたりっ子バンザイ』がもうすごく素敵な兄弟のその瞬間を切り取っていて、わたしもこんな風に2人のことを残せたらなと思いました。

 

帯の「宝物のような日々」という言葉が胸に沁みます。

よかったらぜひ。

sakai