2018年10月14日

秋のアーユルヴェーダ

涼しくなり始めた10月の昨日

この季節にぴったりの

アーユルヴェーダセルフケア講座を受けてきました

 

アーユルヴェーダ・・・

興味はあって独学で調べたりはしていたけど

講座に参加するのは初めて

 

今回は

こちらSmall Happy Thingsでもキュレーターをされている

Sakiさんの講座 ということで

同じくサイトでお世話になっている、Yukiさんと参加させていただきました

 

昨日は

アーユルヴェーダの説明と体質診断

オイルを使ったハンドマッサージ実践

秋のアーユルヴェーダランチをいただきました

2時間で盛りだくさん

 

 

聡明なSaki先生の

穏やかな口調に耳を傾けながら 

手のひらから腕にかけて

セルフマッサージを教わります

 

手のひらをほぐしただけで

エネルギーの循環が良くなるのを感じ

腕も軽くなり

頭もすっきりしてくる

 

うん、体と心は繋がっている

 

手軽にできるので、

仕事中や、なんだか心がもやっとした時に

ちょっとほぐすとリフレッシュできそうです

 

ランチは

南風食堂の三原先生が作ってくださった

薬味やスパイスを使ったお料理

 

さつまいもやカボチャもスパイスを使うと

今まで食べたことのないお料理に変わる

自分でもできそうなレシピでありがたい

 

アジアン風味のスープは

みんなでおかわりして

冷えた体が温まりました

 

インドやスリランカでは、国家医師資格があるアーユルヴェーダ

病気や、体や心の不調も

患部を点で見るのではなく

その病気になった経緯、ココロとカラダ、魂を同時に診ていく

ホリスティック医学

 

”咳” ひとつとっても

人によって原因も体質も違うため

処方も変わるそう

 

人のココロとカラダと魂は一つ

全てのバランスを整えることが

健康を保つことにつながる

 

自然、季節、人間も繋がっていて

それらの調和を大切に生きていく

 

サキさんの「自分を整えるための予防医学」という言葉が

しっくりと 心に響きました

 

アーユルヴェーダではVata(風),Pitta(火),Kapha(水)3つの体質があり

チェックシートの結果、私はVata

特徴:軽快で自由を好み、1箇所に安定することを嫌います 

だそうです

自他共に認める結果(笑)

 

人間もvata pitta kapha

それぞれ特徴があってオモシロイ

 

人それぞれ

みんな違って みんな良い

そんなことを教えてもらえる学問のようでもあります

 

以前、

一般的に良いとされている食べ物を

カラダの不調に合わせて摂ったりしたけど

なんだか合わない・・・と思うことが。。。

 

アーユルヴェーダ的には

その食べ物は私の体質には合わない と知り

やっぱり・・・

 

そんなことが何回かあって

アーユルヴェーダに興味を持ったのが

最初のきっかけでした

 

「100%いいもの は無い」

と サキ先生の言葉。

 

納得

 

そんな

自分を整える方法に興味のある方は

こちらをチェック

サキさんと三原先生が開催されている講座です。

 

********************

 

会場は新木場にある

CASICA

古い倉庫をリノベーションした異空間

こちらのCASICAカフェでは

三原先生監修

アーユルヴェーダ&薬膳の考え方を取り入れたメニューの

体にやさしいお料理をいただけます

異空間での新しい学び

アーユルヴェーダ

 

自然の中で

私たちは生かされている

そんなことを感じ

 

その人、一人一人にあった対処法

 

表面的な対処ではなく

本質に沿った生きる知恵がたっぷりで

 

ますます興味が湧いてしまった

yuka