2016年6月17日

アラスカ

アラスカに行くときは、いつもひとりです。

ちなみにアラスカというのは、アラスカ州のことではなく、
中目黒にあるベジカフェの名前です。

私はあんまりひとりで外でお茶したりご飯を食べたりするのが好きではないので、家に帰れる距離だったら帰るのですが、外出中にランチや休憩で気分転換したいときもあり、何件か『ひとりで行くお店』というのがあります。
自意識過剰なのかあまりお店でひとりでくつろげないので、ひとりでも居心地のいいお店はすごく貴重な存在だったりします。

渋谷方面から行くので、アラスカに行く途中にいつも目黒川を通ります。

だから、私のなかでアラスカと目黒川はいつもセット。
目黒川がちょっとした境界越えみたいな感じなんですよね。

IMG_2317
いったん自転車を止めて目黒川を眺め、写真を撮ったりもする。
仕事でずっとパソコンに向かっているので、水や緑が気持ちいいし、季節も感じられて、気分転換ってこういうことだなまさに!という感じ。

 

お店はちょっと駅から遠くて分かりにくい場所にあるのですが、場所のわりにはいつもほどよくお客さんがいて、でも決して混んでなくて、ひとりでいても居心地がいいんです。

こういう『ひとりで行くお店』って、透明人間になりたくて行くようなところがあって、お店の人に親しく話しかけられるともう行かなかったりします。

もちろん普通に接客はして欲しいのですがなるべくほっておいてほしいんです。
こういうのって、変でしょうか?

すごくわがままですよね、たぶん。すみません。

もちろんアラスカはそのへんの塩梅もよく、すごく心地いいお店。

お店のひとも、みんな女の子なのですが、可愛くてナチュラルな感じで好きです。

IMG_2688

いつも玄米ご飯のランチをたのみ、食後のお茶を飲みながら午後の仕事のことを考えたり、雑誌を見たりします。
レジ脇にベジ仕様のパンやマフィンなども売っているので、お会計のついでに買って午後のおやつにしたりするのも、楽しみのひとつ。

 

そしてまた、目黒川を超えて、渋谷方面に帰るのです。

 

ずっと、なんでアラスカっていう名前なのかなぁと思いつつ、お店の人に聞いてません。

でも、アラスカから帰ってきたとき、なぜか遠い、不思議な場所から帰ってきたような気持ちになっているのです。
その感じはやはり、『アラスカ』であって、ロサンゼルスやニューヨークではない、と思うのです。

アラスカ

yuki