2016年6月23日

そういえば、サイババにも会った

IMG_1600
昔、インドで買ってきたサイババ特集の”INDIA TODAY”が、部屋の奥から出てきました。
生前のサイババには一度、会いに行ったことがあって、アシュラムのなんともいえない独特の雰囲気は、いまでも忘れることができません。

インドへ通い始める前、漠然と会いたいと思ったひとがふたりいました。
ひとりはダライラマ、もうひとりはサイババ。運良く、どちらも叶いました。
まったく別のベクトルを持ったおふたりだけど、あれだけ人から信仰されるという点では共通しているんだろうな。
特に、サイババのアシュラムに長く住んでいるひとたちの強烈な信仰心と、その周辺の山村に住み、「サイババなんて、おら、知らね」というインド人の対比は、とても印象的です。

なぜ、こんな本を引っ張りだしたのかといえば、今もとにかく熱は38度と39度を行ったり来たり。
眠るのも飽きて、本棚からめったに読まない本を引っ張りだしたのでした。

そういえば、サイババのアシュラムを訪れたときも、信者の熱気に当たったのか、体調を崩したんだよな。

↓サイババのアシュラム近くで買ったサイババボールペン。
とっくに書けなくなっているのだけど、捨てられずにいます。
FullSizeRender

hiro