2016年7月7日

心の種

IMG_5416

心の奥底にあるものが目に映る世界を創るなら。

私はクラスの中で、そして自分に向けてよく口にする言葉があります。

「無意識を外す」

全てを意識的に選択すれば、人は望むことだけを体験する。
脳のしくみもそのように働くようです。
それならば、無意識の惰性や癖の中にだけに存在する不安や怖れ、不都合なものを心の目で見て外していく。

それは、ほんの小さな心の種を見つめる遊び。
今まで無意識へ追いやっていた不都合な種をみつけます。

例えば。
暑いなぁ、と感じたら敢えてウォーキングやヨガをして暑さに飛び込んでいく。
すると、いつの間にか心地よさが舞い込んでくる。
不安や恐怖も、そこから逃げずにそのマインドの根っこにあるものをじんわり感じてみたり、書き出してみる。
その重みはいつしか軽くなり、その先にある望む世界がグッと近くなる。

今まで逃げていたようなことに能動的に飛び込むと、怖かったり負担だったことが楽しくなり以前よりバージョンアップしている。
世界を生む小さな種が、いつも自分を喜ばせるものであるように。

私たちはいつも日常の中で、サインやメッセージに助けられているような気がします。
すれ違う人の言葉や、ひらめき、友達の表情、動物たちの瞳、聴こえてくる曲。
だから安心して敢えて避けていたことにダイブして、幸せの種を育てよう。

そんな風に想うのです。

tsuki