2016年7月8日

とりあえずやってみる

ランチはいつも外食だったのですが、仕事の都合でここ1年週2回くらいお弁当を持参しています。

お弁当なんて、ただでさえ忙しい朝に作ってられない、世の中に出回っているおしゃれなお弁当写真をみても、あんなにチマチマとおかずを詰めていられるか、とか、お弁当作りにあまり積極的じゃなかったワタシ。

でもまあ、とにかくやってみっかとはじめてみました。嫌になったら止めればいいのですから。

そうしたら、けっこういい。今さらと思われるかもしれませんが、学生時代からお弁当なんてほとんど作っていなかったので、素直に感動しています。

どこでランチを食べようかとか迷わなくていいし、自分で作るのだからおおかた味の予想はできる。ワクワクはしないし、感激するほどおいしくはないけど、ものすごく期待はずれで落ち込むこともない。待たされてイライラすることもない。ビジネス街の居酒屋ランチとか、おしゃれを装ったカフェのワンプレートランチとか、「えー、これで1000円するの?!」って思うことも多いのですが、それもない。残り物つめたり、腐りかけの食材をごはんに合うように味を濃いめに料理すればいっちょあがり。

いろいろ試してみて、品数も多くなく、3種類くらいでがっつりごはんを食べるのが自分の好みだとわかりました。。だから準備も簡単。写真のお弁当は新生姜のガリを混ぜたごはんの牛丼風と人参の胡麻和えとアスパラのディルマヨネーズサラダ。夜に牛肉を煮ておけば10分で完成です。おしゃれ感はゼロですが普通においしくしあわせ。

何事もあんまり深く考えずにとりあえずやってみるという人生。失敗も数えていられないほどたくさんありますが、これは小さな成功事例。

image

chie