2016年7月15日

瓶の色

image

思い出した時に、家に帰ろうと思えるもの。

それが、手作りの瓶詰め。

季節の新鮮なものや熟したものが見つかると、ペーストやクリームにして瓶に保存。
ハワイに来てから身についた習慣です。
光のプリズムの色が濃い、ハワイ。
その影響もあって野菜やフルーツは、生命力に溢れています。
5年前来たばかりの頃は、ルッコラが苦すぎたりケールが固くて消化出来なかった。
でも今では、その苦味や強い張り、青い味が自然に美味しく感じるようになりました。
改良されていない、オーガニックのものが本当に簡単に手に入ります。
そして、小さな庭で育てることも楽しみのひとつ。

瓶詰めを作る時は大抵、スパイスやハーブを効かせて香りを瓶に閉じ込めます。
辛いものが苦手な私も南国で生活していると、ほんの少しのインパクトが欲しくなる。
最近作ったものは、ドライトマトペーストやハムス、ジェノバペーストやチャツネ、
何種類も香味野菜を刻んでオイルに漬け込んだもの、コンフィチュール、オリーブペースト。

使い方は様々。
グリーンオリーブのペーストをアボカドとおにぎりに忍ばせると、
梅干しのような滋養のある味わいになることを発見。

先日、ハワイのフルーツの中で気に入っているストロベリーパパイヤと、
摘みたてのライチでチャツネを作りました。
これが、たまらなく美味しい。
ブラックペッパーやパクチー、レモングラスを入れて、
カレーや野菜チップスにディップしたり、タイ料理を作る時の隠し味にもぴったりでした。

ストロベリーパパイヤは、割ると中が鮮やかなオレンジピンク。
口に含むと、花の香りがほんのり。
そのまま食べる場合は、必ず種をくり抜いた窪みにたっぷりライムをしぼるか、
リリコイ(パッションフルーツ)をのせて食べます。
これもハワイに来た時に是非試して欲しい、至福の味です。

忙しかった1日、料理はどうしよう。
そんな時に思い出す瓶の色。
不思議と料理がしたくなってくるのです。

image

tsuki