2016年8月3日

交わる月

image

突然雨が強く降り注いだり雲間からふっと太陽が覗いて、影や虹がいくつも窓に模様を作る美しい日。

3組の友達が、朝から夜まで我が家を訪れました。
数年前、旅の途中ハワイで出会い再び会いにきてくれた友達。
私のクラスを受けにくれた東京の頃の生徒さんたち。
そして、初対面の方が5人。
私は手作りのヴィーガンの焼き菓子と摘みたてのフルーツ、夜はいくつかのデリとスープを用意。

3つの時間は、それぞれの人生が濃密で映画を観ているようでした。
別々とはいえ、同じ日にこのメンバーが目の前に現れるなんて現実が意図的に動く音を聞いた気分に。

アラスカやアフリカの民族を訪ね、そのプリミティブな生き方と心の声に従い扉をあけていく友達。
パリやミラノでテキスタイルデザイナーをした後、色彩を手掛かりに未知の一歩を踏み出す横顔。
カナダやドバイで暮らし、トライアスロンやキリマンジェロ登頂を楽しみ、ハワイへ移住して大切な人と新しい世界へ。
様々な国でヨガを追い続け、経験をかたちにしながら次の幸せが見えてきた彼女。
出産と育児の喜びから生まれた、クジラやイルカとの生活。

瞳の色、指先の動き、声のトーン、呼吸の深さ。

惹きこまれるそのフィールドに共に立ち、インスパイアされ動き出したい気持ちに。
そして見送る時は、いくつも旅をした後の美味しいものや美しい光景を味わったような満ち足りた気持ちで手を振りました。

ハワイにいると、言葉を介さなくてもつながる力を強く感じる日があります。
想いのまま進むことは、そんな瞬間を増やしてくれるような気がするのです。

自分を生きるって素晴らしい。

天空の薄い月が再び満ちはじめています。

 

image

tsuki