2016年8月6日

静寂の帯

image

ここのところ、予定が少々タイトでした。
毎年恒例浴衣を着てのBonDance(盆踊り)、未来の打ち合わせをいくつか、次々やってくる生徒たち、新月は海辺でセージを焚いてヨガ、夏の森へトレッキング、懐かしい友達との再会、音に委ねるサンセット・・。

でもどんなに忙しくても心と身体の底の方に、静寂の帯が流れています。
日常の中で、静寂をチャージする瞬間は無限にあって身体の奥へと流れ込んできます。
海の中、夢、ヨガ、瞑想、読書、ジャーナル、学びの時間、運転中。
その静寂の帯は、インスピレーションや慌ただしさを鎮める呼吸の深さ、誰かの心模様や一瞬の変化を伝えてくれます。

空も街も海も薫るような青い夜の入り口に、突然時間が空いたのでクナワイの泉へ。
古代ハワイアンの癒しの地で、水の精霊モオ族が司る神聖な場所です。
澄んだ水、沈殿しているクレイは身体への効能があるとされ、昔は王朝の人々しか入れないサンクチュアリでした。

そこでただ、鏡のような泉を見つめていると静寂の帯が大きな川のように流れていくのを感じます。
日常の喧騒を離れて太古の自然や人々の心や目になって過ごす時間は、何かを準備したり学んだり、新しい世界と出会う事と同じように私を動かすツール。
日本にいたころから変わらない、大切な時間です。

遠く沖、黄金の光の中で雨雲の群れがいくつかのシャワーのベールを降ろしてる。

しあわせな週末を。

image

tsuki