2016年8月10日

Lani

image

「すべての空模様を愛せたら365日しあわせだね」

 

ハワイはこの星で、最も晴れが多くて最も雨が多い不思議な島。
私が住んでいるオアフ島は、ほとんど晴れていて、時折気持ちの良いシャワーが降り注ぎます。
そのおかげで1日に数回、虹が現れます。
空に掛かる虹をアーヌエヌエ、低い場所に漂う虹をウアココと呼びます。
街の家々が全て七色に包まれる光景に出会うと、うっとりしてしまう美しさです。
そして1年に数回、トロピカルストームや雨季もやってきます。
1日中同じ天候の日はほとんどなく、風が吹くように移り変わり、まとまったスコールもざあざあ島を洗い流すと雲ごと沖の方へ流れていきます。

ここに来てから、私は晴れを喜んで雨や雲を疎ましく思うことはなくなりました。
アジア育ちの私は、時折ざあざあと降り続ける雨の香りや音を波間や庭で楽しみ、植物や土の香りを濃密にする湿度を懐かしみ、雲の群れが停滞して強い光を遮る時間も愛おしく感じます。
もちろん、貿易風特有の爽やかな風に花や水の香りが混ざり、何もかも美しく見える太陽の時間も好きです。

ハワイへ来たばかりの頃は、頭でだけ季節感がない事を理解しつつ、いつも心のどこかで次の季節を待っていました。
だけど、日本のあの輪郭の濃い四季はここにはないんだと体と心にも浸透し始めた頃、とても繊細で薄紙をめくっていくようなハワイの季節の移り変わりを体感し始めたのです。

1年中同じ植物や果物が育ち実るわけではありません。
花も季節ごとに変わっていきます。
ブルーの海月たちは、月の満ち欠けを数えて満月過ぎた頃に浮かびます。

夜の間に微かに移ろう風や、朝靄の色や上空の大気の音をこの島で息づく命たちは知っている。
そう感じるたびに、心が震えます。

Laniは、ハワイ語で天国や天空。
ここから届く恩恵をダイレクトに感じる虹の島。
体感する全ては、いつもヒントやバランスを運んでくれます。
どんな日もかけがえのない特別な時間。

No Rain No Rainbow

image

tsuki