2016年9月10日

こ、これが更新・・・っ!

基本買い物下手の子ども性質なので、
ひとつの靴が古くなったらそれまでのものとはまったく違う靴を買いたくなる。
同じものを更新するとか、ちょっとつまらなすぎて意味がわからんと思っていた。

でもね、仕事で出会う数々の先生がおっしゃるんですよ。
「それまですごく便利に使っていたものは、
これからも便利に使えるものだ」って。

「今まで持ったことないタイプのものは、
これからも使いにくい可能性が高いものだ」って。

言われてみたら、めっちゃそうなんですよ。

それで私もいい加減四十路ですから、
やってみたんですよ、
同じもののリピート買いというものを。
大人の「更新」というものをお!

 

img_1154

結論。

別につまんなくない。

使いやすい靴が真新しくなって手元にやってきて、
よろこび。

「使いやすくて」「好き」な靴に会えていてよかったなあ。
更新という概念がなければ、その幸運にすら気づいていなかったかもしれません。

 

fumi