2016年10月29日

Still waters run deep

img_4214

しんと全てが鎮まる時間がある。

そういえば、昔からどんなに賑やかな場所にいても魅かれる世界は静寂の中にありました。
なにもかもがひそやかな時の中に、特別な蜜や恩寵のようなものが潜んでいる気がするのです。
静けさのなかにいると、この言葉を思い出します。
Still waters run deep
深い川は静かに流れる。
深く物事を受け止め感じる人は、波立たず静かに生きることが出来る。
とても、好きな言葉です。

もうすぐ、ハロウィン。
大きなオレンジの南瓜を自分たちで収穫するパンプキンパッチや、南瓜に顔や模様をくり抜いて中にキャンドルを入れてランタンを作るジャック・オ・ランタン等、かわいいイベントが続きます。
家々は、ドクロやモンスター、蜘蛛などで本格的なデコレーションが始まります。
私の家がある並木道は、ハロウィンに3つの街から子供たちが集まり仮装して練り歩くメインストリート。
各家ではキャンディーやチョコレートを用意して、至るところで「Trick or Treat !」とかわいい声が聞こえます。
外を見ると、映画宛らの迫力ある仮装はちょっと怖いくらい。
この季節は、MACに行くと特殊メイクをしてくれます。
カフェやマーケットに行くと、普通に仮装している人たちが口から血を流しながら歩いています。
私も数年前は、ハワイらしくマーメイドの仮装に特殊メイクをしてモンスターだらけのワイキキを歩きました。

私が好きなのは、これからハロウィン、感謝祭、クリスマスと続くホリデーシーズンに作るホットサイダー。
日本でサイダーと言うと発泡しているソーダの事ですが、こちらでは林檎のジュースの事です。
林檎の果汁に、オレンジの果汁とオレンジピール(皮)、シナモンスティック、クローブ、ジンジャー等を入れて鍋でしばらくことこと煮ます。
オレンジ果汁の代わりに、ワインを入れても美味しい。
家がスパイスとフルーツの香りに包まれる頃、未だ夏のハワイでさえ、秋冬の特別な季節の到来を感じる事ができるのです。

心鎮まる、夜。
お気に入りの美しい器で、温かく芳しいものが体内に堕ちていく。
スパイスのそれぞれの香りが、記憶のどこかと繋がる。
いつかの秋の、ナツメグとシナモンが糸で結ばれているマーラや、ドライフィグのリースの素朴な佇まいを思い出しました。

もうすぐ、新月です。

img_4235

tsuki