2016年12月10日

Mitskiと渋谷とLEO今井

渋谷O-nestでMitskiとLEO今井のライブに行ってきました。
2016年、これ以上に音楽の今を感じられる組み合わせは他に思いつかない。

オープニングアクトのLEO今井はかなり分厚いバンドサウンドでハードコアなライブを展開してみんなをびっくりさせた。デビュー以来惚れ込んでいたLEO今井のイメージとは違ったけど、たぶん最近はMETAFIVEでの活動が多いから、その反動というか、その後に控えている「遅れてきたオルタナガール」Mitskiへのオマージュなのかもしれないと思いつつ、最後にLeonard Cohenの「In My Secret Life」のカバーを演奏したから、この人はミスター・オマージュなんだな、と思いました。そう、男は気配り。

メインアクトのMitskiはLEO今井とは対象的にアコースティック・ギターを抱えてソロでの登場。もともと彼女がベーシストだということもあってか、オープンコード・チューニングされたギターは全演奏セーハでベースラインのみで弾かれ、楽器はそんなに得意じゃないんだなと思ったけど、歌はとんでもなくうまかった。今時、ベースラインにボーカルだけで聴かせられるメロディーメーカーがいます?僕にはポール・マッカートニーぐらいしか思いつかない。

ラブホテルに囲まれた円山町界隈には他にもライブハウスがたくさんあって、この日の渋谷は音楽の熱情がはねっかえる甘い夜だった。たぶん大きなニュースにはならないこの重要なライブは、来年ぐらいにみんながMitskiに注目せざるを得なくなった頃に熱く思い返されることになるだろう。

35.65850699999999,139.69529

Jake