2016年12月13日

崎陽軒のひょうちゃん

この子の名前はひょうちゃん。
そう、あの崎陽軒のシウマイに付いてくる醤油差しです。

なんとなく捨てるのも忍びなくて、東海道新幹線に乗るたびにこんな風に窓辺のお供になります。それにしてもシウマイのシウちゃんではなくて瓢箪のひょうちゃんという辺りに、今ほどシビアではなかったゆるキャラ感がにじみ出ているような気がします。

これが餃子だと、やっぱり新幹線で食べるのは匂いがちょっと…とか、夜遅いと胃にもたれそうだし…と躊躇するし、春巻きだと、時間が経つとペタッとなっちゃうし…とか、恵方巻きじゃないんだから家族みんなで春巻きもぐもぐ食べるのもなぁ…となるわけですが、シウマイならそんな心配は無用。

なんとなくたくさん入ってて、なんとなく気軽につまめて、なんとなく時間がたっても味も見た目も変わらなくて、手土産があるないの絶妙な境界線上に位置する小憎いヤツって感じがします。しかもひょうちゃんの存在によって子どもの心もワシづかみ。小憎い、実に小憎い。

Jake