2017年1月13日

ひかりとともに


ヨガクラスの最後、シャバアサナから寝返りを打ってからだを起こし、
ゆっくりと目を開けると、床がぼんやり視界に入りました。
ちょうど、そこにはひだまりがあり、
目線はすっと、ひかりの中へ吸い込まれていきました。

足は、視線の先に進むもの。
そして視線は、おのずとひかりのあるほうへ向かうもの。
「人生の岐路に立ったら、ひかりを感じるほうを選ぶ」と、
なにかで読んだことがありますが、
それはきっと、こういうことだったんだなと思いました。

性格が暗いのか、ジメジメしているのか、
そんなこと細々考えたって仕方ないじゃんってことまで
ぐずぐずと考えてしまいがちなわたしですが、
2017年はあかるい方へ目を向けて、足を進めていきたいなと思います。

それから、個人的にはベリーダンスか、ポールダンスか、
なにか、ダンスを習いたい。
他力本願ですが、少しは女っぷりも上がるだろう……いまさらですが。

hiro