2017年2月6日

キチュリについて

 

キチュリ(英語ではkhichari)

というのはインドの

お粥。

たくさんの野菜やお豆、そして穀物とスパイスが入っている

栄養満点かつ消化に優しい お料理です。

***

アーユルヴェーダでは、熱がでて食欲がないときや

消化力が弱っている時、

病気が回復しはじめた時などにムング豆(ダル)の

キチュリを食べますが

私にとっては冬の朝の

パワープレートです!

 

***

作り方はとてもシンプル。

たっぷりの生姜と、キャベツと人参とたまねぎを

ギーで炒め

お水をいれてコトコトと煮て、野菜スープにします。

そこにお豆ともちきび/たかきび/粟(あわ)/稗(ひえ)/はと麦など

いろーーーーんな雑穀を in。

更に煮込み、豆が柔らかくなったら

これまたたっぷりの

ターメリック、コリアンダー、クミンをいれて、

最後に

ギーでタルカ(テンパリング)

したクミンシード&マスタードシードを

温かいキチュリにジュッと載せて

完成です!

世の家庭の数ほど

キチュリのレシピはあるとおもいますが

私は教えてもらったこのお米ではない雑穀のキチュリを気に入って

ほんとうになんどもなんどもつくっては

美味しいっ と唸っています。

***

これを食べると、冬なのに驚く程に

身体が軽くなり、

そして、消化に軽いのに

スパイスのチカラで元気がでてくる、

身体もこころも重たくなりがちな冬に

サマサマの

本当にだいすきな朝ご飯です!

Ayurveda Counselor & Therapist
SAKI

SAKI