2017年2月1日

好きな光

冬の終わりならではの

 

好きな光がある。

 

 

一つは、

 

 

 

朝の、少し暖かくなってきた時間に

 

散らずに冬を越して

 

カラカラに乾いたススキの穂を

 

逆光で照らす太陽の光。

 

 

毎日通る空き地で見る

 

光。

 

 

 

もう一つは、

 

低い太陽が

 

最後に強く差し込む

 

夕暮れ前の部屋の光。

 

 

 

 

少しずつ長くなってゆく

 

日の時間に、春を待ちわびながら

 

この光がなくなる頃には

 

 

ああ、冬も良かったなーなんて

 

思っているに違いない、

 

 

と境目を往くときの

 

消えそうな幸せ。

 

 

Ayurveda Councelor and Therapist

SAKI

SAKI