2017年2月2日

冬の野鳥たち。

我が家は栗畑(私の職場!)に囲まれていますが、数年前に除草剤をまくことを止め、雑草を残すようになってから、たくさんの野鳥が訪れるようになりました。

ムクドリ、ツグミ、ヒヨドリ、キジバト、モズ、コゲラ、シジュウカラ、セキレイ、メジロ、ジョウビタキ…と、様々な鳥に出会えます。
雑草とともに増えた虫を食べにやって来るのですが、それだけでなく、エノコログサやイヌビユなど、イネ科の雑草の種もついばんでいる様子。
あまりに懸命についばみ過ぎて、周りをよく見ず、うっかり窓のすぐ近くまで寄ってきたりして…鳥好きの我が家は、すっかり野鳥に夢中です。

冬になり栗の木が葉を落とすと、暖かな間にせっせとこしらえた、鳥の巣が姿を現します。
子育てが終わり、空き家になった鳥の巣。
枝を上手に組み合わせて作ってあって、感心します。

「ここは、緑がいっぱいで、ごはんもいっぱいで、おすすめダヨ!」と、鳥たちのお墨付きをもらっているようで、とっても嬉しい。
いつまでも、野鳥が訪れてくれる畑であって欲しいです。

chiko