2017年2月7日

東風凍を解き苺うまし

わたしの地元、千葉は意外と苺が美味しい。

直売所もたくさんあるし、数え切れないくらい違う種類の苺が食べられます。

 

わたしはくだものは何でも好きですが、とりわけ苺が大好きで、毎年春になると甘くて美味しい地元の苺を食べるのを楽しみにしています。

 

でも実は生まれてこのかたいちご狩りというものを体験したことがなくてですね。

実家のすぐ隣町にテレビや雑誌にのるような有名ないちご狩り農園がいくつもあるのに行ったこともなく。

うちの家族に言わせると、いちご狩りをしてるとこはあんまり美味しくないから、、、とのこと。

 

そうなのかもしれないけどー!

わたしは苺を摘むという過程も楽しめるのだから、一度くらいやってみたいと思っていたわけなのです。

 

それで今年は里帰りしたときに、母と妹一家にお願いして行ってみることに。

 

結果、おなかも心も満たされましたー!

べにほっぺやとよのかなど6種類くらいの苺が食べ比べできて、真っ赤でつやつやした苺はみんな食べごろ。

 

一応練乳も渡されたけど、いらないいらない。そんなのつけないほうが絶対美味しい。

 

こっちは大きいほうが甘くて美味しいなとか、こっちは小さいのがキュッとしまった味で好きだなとか、好みにもよるけど食べる苺を自分で選べて、自分の手で摘んでその場で味わえるというのは、やはり楽しい。

むすめはなんと入った瞬間になってる苺に直接かぶりつき!

まさかそんなことするとは思わなかったので、母は焦りました。それはさすがにあかんです。

ちゃんと摘んで食べさせました。

 

夢だった苺をおなかいっぱい心ゆくまで食べるというのも、叶えることができました。

40個くらいは食べたかな。

 

まんぞく。来年もぜひ行きたい。

 

35.612285,140.42755699999998

sakai