2017年2月9日

氷の世界

雨が降り、風が吹きつけ、そこら中のものすべてが氷で覆われた今日。
木の枝や幹、枯れ草は均一に丸く覆われ、家の柵、ポスト、ゴミ箱、バス停の屋根には短いツララが飾りのようについていた。
キレイだなぁと何度つぶやいたことか。
皆揃って全く姿を変えていたから毎日の光景が新しくなってしまったようだった。
道も例外なく氷で覆われツルツルだったけれど、雪国生活初体験中の私は嬉しくて遠くまで散歩に出かけた。

トロントの人々は雨が降っても雪が降ってもほとんど傘をささない。
皆フードを被ってさーっと歩いている。
もちろん私もそうする。でも私はのんびりしていてさーっと歩けないので結局ずぶ濡れ。
雨が降っても濡れながらわざわざ水溜りを歩く小学校の帰り道のようだった。

ハンガーに掛けたコートからは時々雫がポタッと落ちる。
氷の余韻。ポタッポタッ。。

yayo