2017年2月11日

幸せマフィン。

この度は、朝ごはんではなく、おやつのお話です…

調布市深大寺にある「dans la nature(ダンラナチュール)」。 店主の千葉奈津絵さんが一人で営む小さな焼き菓子屋さんです。
住宅街の一角にある知る人ぞ知るお店で、営業日ともなると、各地からファンが詰めかけるほどの人気です。
今は子育てに専念しながら、月に数日のペースで営業、その他、全国のイベントなどに出店なさっています。

嬉しいことにご近所さん同士、公私ともに仲良くしていただいており、我が家も揃って「ダンラナチュール」の大ファン。
どのお菓子も美味しく、そして、「素朴な焼き菓子」にとどまらない美しさ!お話を聞くたびに、ものづくりに向き合う真摯な職人魂を感じ、背筋がピンと伸びます。

そんな「ダンラナチュール」さんの看板メニューが、写真のマフィン。いつもなら、開店早々に売り切れてしまうのですが…
予約していたバレンタインギフトを受け取りに、混み合う時間をずらしてうかがった午後2時。
なんという奇跡なんでしょ!残っていました!やったー!!
「この時間に残っていることって、ほとんどないのだけど…」とのお言葉に、思わず「私に食べてもらいたくて、待っていてくれたのね〜!」と興奮気味に返答。

足早に帰宅し、お気に入りのお皿にローズマリーを添えて、うやうやしく…。
ほんとうに美しい形。しっとりふわふわ、素材の配合が熟考された、私史上最高に美味しいマフィン!
気取ってフォークなんて添えましたが、紙を破って、手で持ってほくほくと食べるのが、一番美味しいと思います。

ということで、はぁ…幸せ。

「dans la nature」
http://www.danslanature.net/

chiko