2017年3月1日

沼地のある森を抜けて

以前ぬか漬けの記事を書いたとき、sakaiさんにおすすめしてもらった本です。

主人公の女性が亡くなった叔母からぬか床を譲り受けことからいろんなことが起こりはじめます。物語は主人公のマンションと職場、その往復の途中でごくたまに人と会ったりする以外は特に広がりがなく、すごく狭い閉じられた世界の話です。

すばらしい癒しの話ともとれるし、もしかしたらこの女性が単にパラノイアなのかもしれないし、読み方によってはホラーだし、とにかく不思議な話でした。

途中まではその不思議な世界がわりと心地よく、この後どうなるんだろうという興味のもと読み進めていたのですが、最後がすごかった。急に深くなる感じ。

海で遊んでいたら急に足がつかなくなったような深い感じ。

ちょっと泣きそうになったもの。

久しぶりに引き込まれるような、面白い本でした。

yuki