2017年3月4日

Who are we?

3月という時間。

記念日、思いがけない始まり、点々と散っていく別れ。
特別な記憶が降り積もる、夢との境が曖昧な3月。
ある年は雪が降って、ある年は桜がひらき
今年は濃密な旅とリトリートを終え
雨季のハワイ特有の光と水の世界で過ごしています。

今日は、3月3日。お雛様。
小さな陶磁器のお雛様を飾り、ヴィーガンのちらし寿司とお吸い物
フランボワーズのショコラでささやかに桃の節句をお祝いしました。

3月が始まると、新しいソープを作ります。
生きているようなオイルは、その年の3月の天体や植物に合わせて選び
ミネラルとシアバターでこっくりとした石鹸に仕上げます。
そしてリネンやフレグランス、耳にする音や色も
いつもより意識的に選びます。

何故、3月なのか。
実は自分でもよくわからない。
でも、中心にある大きなものとつながるチューブを
綺麗にして、時間からも自由になる。
沈静することで、余計なものは沈み
意図して叶うことが天に昇っていくような。

私にとって、3月はいつもそんなタイミングなのです。

最近、映画を観ても、本をひらいても、人と話しても
音楽を聴いて旅に出ても、同じ質問の答えがやってくる。
私たちは、この質問の答えを全てに視ているような気がします。
春は浮上して照らされ、明らかになっていく時。

Who are we?

新月も過ぎて、光も影も色を変えていきます。
新しい週末を。

tsuki