2016年5月28日

ヨガとは、principleである

IMG_5301
インドにいるときは朝から晩までヨガづくしかというと、そうではなく、
朝と夕方のクラスのあいだは自由な時間だし、
intensiveコースを取っているときは、
その合間にヨガ哲学などのレクチャーも入るけれど、
好きに過ごせる時間も、結構あります。
その時間に、洗濯や掃除をしたり、日記を書いたり、本を読んだり、
友だちとおしゃべりしたり、市場へ野菜や果物を買いに行ったりするのですが、
結局、すべてがヨガを基準にまわっているのだなと感じます。
食べ物を選ぶときも。
そろそろ寝なくちゃと思う瞬間も。

ヨガのクラスが始まる前には、必ず手と足を洗います。
清潔は、ヨガの教えのひとつでもあるから。
そして、リシケシでは牛乳以外の動物製品をとりません。
殺生を禁じるのも、ヨガの教えだから。

朝、起きて、山を見て「今日も良い一日になりそうだ」と深呼吸をして、
ガンジス川沿いの細道を40分歩いてクラスへ通う。
そして、夕方のクラスが終われば、野菜スープや豆カレー、
あたたかいチャイやホットミルク、ジンジャーレモンハニーなどを飲んで
天の川を見上げながら、また明日のクラスもがんばろうと思って眠る。
インドにいると、ヨガとは、エクササイズでも、ファッションでもなく、
principle(原理、原則、行動規範)なのだということが、
ほんとうにしっくりきます。

hiro