2017年4月14日

Bean to Bar チョコレート ブートキャンプ

今夢中なことは?と訊かれたら

 

カカオと迷わず答える私。

 

先日36種類のチョコレートブートキャンプ(試食会)に参加して参りました。

 

ブートキャンプにエントリーするのは、タブレットと呼ばれるいわゆる

 

板チョコ

 

のみ。

 

水と、口直しのための塩昆布を片手に2時間一本勝負でテイスティングをしてゆきます。

 

Bean to Barはカカオそのものの味を

感じるためのピュアなもの。

乳化剤など、余分な添加物は一切使わないものが多いため

豆の産地の違いは勿論のこと、

同じ産地・農園のものでも作り手で異なる味になることがよくわかります。

また、同じカカオでも発酵の仕方を変えると全く味が変わる事(!)など

発酵食品として発酵や麹の違いを

味わうなど、このキャンプのマニアックぷりにゾクゾクします。

 

 

ラインナップは以外の通りでした。

**********

【マダガスカル産 アケッソン農園】
ブノワニアン アンボリカピキィ72%
グリーンビーントゥバー アンバンジャ70%
ホガースクラフトチョコレート アケッソンズエステート70%
ダンデライオンアンバンジャ 70%

【タンザニア ココアカミリ】
グリーンビーントゥバー タンザニア 70%
スヴェンスカ タンザニア 74%
ダンデライオン(US) タンザニアココアカミリ70%
ラショコラトリナナイロホワイトチョコレート50%

【ペルー 発酵】
ショコラトリーモラン イヴァン 70%
ショコラトリーモラン リオエネ 63%
ショコラトリーモラン グリンゴ70%
ブランシャルト アルトピウラ 77% 

【ニカラグア 発酵】
フリスホルム ルゴソ70% bad発酵
フリスホルム ルゴソ70%通常発酵

【ベトナム 発酵】
カカオ研究所 ライト発酵
カカオ研究所 ディープ発酵
エリタージュ 発酵時に焙じ茶入れたものテスト的にやったもので貴重品

【フィリピン 発酵】
ミニマル 4種類
no.1 Philippines/NUTTY
no.2 Philippines/NUTTY
no.3 Philippines/FRUITY
no.4 Philippines/FRUITY

【コロンビア】
カカオハンター リオデオロ73%
カカオハンター ペルラネグラ74%
カカオハンター マグダレナ71%

【コロンビア アラウカ】
カカオティエゴカン アラウカ
ミニマル アラウカ65%

【コロンビア アルアコ】
カカオハンター アルアコ72%
ミニマルアルアコ2013年度と2016年度

【コロンビア シエラネバダ】
カカオハンター シエラネバダ64%
ミニマル シエラネバダのCCN51という品種とローカル品種

【その他】
アラショコラ プラリネボンボン
アラショコラ グアサーレ72%
ボニュホワイトカカオ 水のガナッシュ
イルサンジェー ピスタチオ

 

**********

板チョコなのでもちろん丸々1枚ではなく

1カケラずつのテイスティングなのですが

並べて行くと

こんな標本のように!!!

 

ねっ!?なんかかわいくないですか!?

なんとなく夏休みの宿題(昆虫採集)みたいですね!

SAKI