2017年4月19日

一汁一菜でよいという提案

最近話題の土井善晴さんの「一汁一菜でよいという提案」を読みました。

一汁一菜で本一冊ぶんも書くことあるのかしら?と思ったけど、さすが土井先生。深くて優しくて良い本でした。

常々、食べ物のことや健康法は情報がありすぎるし、ふりまわされてるなぁと感じることも多かったのですが、この本を読んでシンプルな原点にたちかえれて頭がすっきりしました。読んでみてよかった!

というのも、先日ちょっと糖質制限をしてみようかなと思ったことがあって、2,3日だけやったのですが、体調が悪くなってやめたのです。

ふつうにご飯を食べよう、と思った日の朝ご飯にたまたま選んだのが玄米、ぬか漬けきゅうり、お味噌汁、目玉焼きで。

これがまた、なんでもないご飯なのにものすごく美味しくて、栄養素がどうのってだけでなくて心も嬉しいご飯だったんですよね。

…と、美しく〆たいところだけど、でも、やっぱり私は食い意地がはってるから、一汁一菜だけでなくておかずも欲しいかもしれない!

yuki