2017年6月16日

マカデミアナッツのクラッカー


母が遊びに来ていた時に、ちょうどマカデミアナッツがひと袋あったので、一緒に殻を割って食べました。
もっぱら殻を割るのはわたしの仕事。
くるみなら片手でふんっと割れますが、世界一殻が硬いと言われているマカデミアナッツは、そうはいきません。
割れ目が入っていたら、そこに薄いカッターのようなものを差し込んで割ることもできるのですが、割れ目のない生の実はそれも無理。
そんなわけで、ナッツクラッカーを買ったのでした。

母は「このアカデミアナッツ、おいしいね」と言いました。
アカデミアナッツって、なんなんだ。
賢そうじゃないか。

マカデミアナッツのクラッカー、ナッツを挟んでキリキリとネジをまき、バリンと一気に割るのですが、これがとてもおもしろい!
しばらくの間、マイブームになりそうです。

hiro