2017年8月3日

養生したい

先日のブッククラブ回で買って週末に読んだ本のひとつ。

思うところあって、養生しよう!と決めていろいろ本を読んだりネットで調べたりしてみています。この本は鍼灸師の先生が書いた女性向けの養生訓なのですが、私はすごく読んでみて良かったのでした。

何が良いって、現実的なところかな。

例えば経皮毒ってものがあるから市販の生理用品は良くない、と布ナプキン派の人は言うけれど、どう言うルートで毒が入るのかいまいちイメージできなかったんです。でも、そんなこと聞いたらなんなく使ってて不安だったりはするでしょう?

そういうのがひとつひとつナルホドね、と言う感じで腑に落ちて、安心できてよかったです。

あと、化粧品の粒子は「お肌の奥まで浸透」しない

って話とか。

そうそう、私もなんとなくホントはそうなんじゃないかと思ってたの!

と思ってうけたわぁ。

質のよいオイルなどで保湿して、良いものを食べて、ちゃんと寝るのが一番らしいです。

美容や健康って、諸説あるのでみんな信じることをすれば良いのだと思うんですけど、やっぱり中庸、というか、ホドホドで現実的なのがいいのかなと思ったし、読んでみていろいろ納得しました。

もちろん、東洋医学系の先生なので西洋医学的見地だけではないためになる深いお話もいろいろあってよい本だったことも、お伝えしておきます。

yuki