2016年6月3日

走ること、少しでも遠くまで行くこと。

近所にステキな緑道がありまして、
今の家に引っ越してきてからジョギングをはじめました。

 IMG_4954

…と書くとかっこいいのですが、本当の動機は痩せたい、もしくはせめてはこれ以上太らないように、って感じです。

これからアスリートを目指すわけでもなく、大会に出ようなどといった目標もないので、モチベーションはかなり低いのですが、この緑道、今の季節は新緑がきれいですし、春には桜、もう少ししたら紫陽花と、一年中変化があって楽しくて、そのおかげで続いているともいえます。
ほんとに、ジョギングには最高のコースなんです。

ひとりで好きな時にできる気楽さで週3〜5回のペースで数年続いているのですが、ほぼ誰にも習ったことがないので、3キロから距離が伸びなくなっていました。

ちょうど毎日折り返すと決めている場所に信号があり、その信号が心理的にも体力的にも超えられないのです。貧血ぎみの日だと、3キロでもつらいこともあり、その信号を超えてしまったら帰りに本当につらくなるんじゃないかと思ったり。

先日、マラソンをされる方々と食事をしながら話す機会があって、

走るのは習慣になったけどマンネリ化していること。
距離が伸びないこと。
朝走るとすぐ息切れして腰も痛くなること。

などなどいろいろ相談させてもらいました。

そしたら、

誰でも最初の3キロが一番つらくて、そのあとは最初の3キロほどつらくないはず。
だからもう少し先まで行ってみたら?

ってアドバイスをいただいて、
私は単純に長く走るほどつらくなる、と思っていたのでびっくりでした。

それで、今日、思い切ってその信号を渡ってみました。

そしたら…意外な事に、4キロぐらいまで行けてしまったんです。

 

ええと、それで、今日の嬉しかったことは、

何でも自分で決めつけないで、人に聞いてみて、よさそうだったら思い切ってトライしてみるといいんだと思えたこと。

いつもより少しでも遠くまで行けたこと。

でした!

yuki