2017年9月6日

おせっかいくん

先日息子の

夜中の咳がひどいため

息子2歳とともに小児科へいきました。

面白いおじさん先生にアレは使うなよ!(口をあけるスプーン)

指をさして忠告する息子。

 

自分で口を大きく開けたらつかわないよ。という先生に対し

半信半疑の息子。大人を信じていいのか。大人はたまに嘘をつくし。

 

それでも彼にとって最大限の口をあけました。生まれて初めて。

およそ1cm。。。。

はい オーケーだ!

本当にスプーンを使わなかった。と少しだけ信頼関係が生まれた2人に

ほっこりしていると

 

「せんせい、ママのおてても。ビョウキで。。」

と後ろでだっこをしていた私の右手を無理矢理引っぱり先生に見せつける。

いいのいいの。という私。

 

あ!今こんなんじゃ冬が大変だな!ママにもお薬だそう!

 

と今年31歳。小児科にて 湿疹のお薬を出される。(ただの年中手荒れ)

という展開へ。

 

この展開に驚いたけど

息子が、母の手がカサカサでずっと病気だと思っていたんだという事に

驚いた。こんなにちっこい人間でも気になっていることがあったなんてね。

 

 

そして先生の後ろに立っていた ベテランおばちゃん(看護師さん)に

「ママ、家のこと頑張ってるって証ね。」

 

たったこの一言にもいちいち涙が溢れて来る。

言葉は不思議。背中を撫でてもらってワンワン泣きたい気分だった。

 

 

とても幸せな診察でした。

そして、手がしっとり

してきました。

 

1200円な〜り〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35.63832498777987,139.7567367553711

saori