2017年9月17日

ワインとカカオのマリアージュ

マリアージュ、  とはフランス語で結婚を意味する言葉ですが

食の世界で使われるこの言葉、

本当の結婚のように1+1が単に2になることは少なく

1+1が3、時には5(!!)

もはや数字ではなく 1+1は「ア」 や 「B」 などにすら

変身してしまうような

そんな驚きの化学変化的結婚(組み合わせ)でもあります。

お互いを元々単一の存在以上に

高め合う、味覚の世界のマリアージュの醍醐味。

***

先日訪れた、9/18に中目黒にOPEN するカカオビストロ『BONNE HOUSE(ボンヌハウス)』さん。

カカオ、といえばチョコレートの原料でしょ?

というイメージが強いですが、

お砂糖と混ぜてチョコレートにするその前の段階

いわゆる「カカオニブ」の段階から

カカオは実は既に美味しく

そのままでも豊かなテロワールを味わうのに

充分だったりするのです。

そして、お肉やごはんにあう素材でも

あるようなのです。

***

今回はプレオープンのイベントにて、

様々なカカオを使ったお料理と

各お皿ごとに選ばれたワインとの

相性を一皿ひとさらときめきながら試してゆき

最後には

焙煎されたakimoto coffee roster の秋元さんご自身がいれてくださる珈琲

「黄昏」そして「夕闇」を

尽きない夢のように、

いただいて参りました。

***

中でも驚いたのが

●レンズ豆とカカオニブのサラダ
(間に立つのがミミガー!このコリコリとした歯触りとあぶらっぽさが
レンズ豆とカカオニブを繋いでいる名役者で、ほんとうにびっくり!)

コース料理のメインとなる

●和牛フィレのショコラソース(カカオニブを添えて)

●デザートのショコラプレート

 

こちらには2種のデザートワインが。

(白はタスマニアの貴腐化したリースリング、赤も同じく豪の36ヶ月熟成のポートワインスタイルのワイン。グルナッシュ・シラーズ・ヴィオニエの3種。)

ほおずきの暖かみのある酸味、

洋梨の甘味なども絡み合い

ああ、いろんな結婚

万歳!

と,いう境地に至り

なんだかほんとうにいい時間を過ごさせて頂きました。

***

美味しさで人は幸せになってしまう。

幸せな結婚

たくさんしてください!

***

出逢えたカカオとワインたちの余韻に

浸る、そんな幸せな一日でした。

****

 

CACAO BISTRO BONNEL  HOUSE(カカオビストロボンヌハウス)

住所:東京都目黒区青葉台1丁目16番9号 Sakura Garden East 2F

35.6472955,139.6967211

SAKI