2017年11月28日

旅先の駅、いろいろ


旅先で好きなものは、「市場」と「駅」。
その二つがあれば何時間でも、いや、何日でも過ごせると思います。

そういえば高校生の時には、朝、通学のために電車に乗らなければいけないのに、「なんか、気が乗らない」と言ってずーっと駅のベンチに座り、乗降客を眺めていたことがありました。
もちろん、授業は遅刻です。
大学生の時には、授業へ行かなければいけないのに、「なんか、気が乗らない」と言って、池袋西武の屋上からずーっと電車が行き来するのを眺めていたこともありました。
わたしの青春の思い出は、池袋西武の屋上に詰まっています。

世界で二番目に美しいと言われる、台湾・高雄にある美麗島駅。
4500枚のステンドグラスに覆われた天井は綺麗だったけれど、わたしは取り立てて何の工夫もない、ただ人が行き交うだけの、ふつうの駅が好きだな。

たとえば、こんな景色とか。

それから、こんな景色とか。

飛行機より新幹線。
新幹線より各駅列車。
少しずつ時間をかけて、丁寧に道のりをたどる旅が好きです。

hiro