2018年6月19日

端午節が終わる前に

端午節について書きましょう。日本とは時差が1時間あるため、日付が変わるのは30分後。

端午の節句ですが、日本とは時期もお祝いの仕方も違います。

時期の違いは簡単。中国では旧暦に即して祝日を決めているため。そして毎年、日にちが違います。

端午節前にはあちらこちらで「粽子=ちまき」が売られます。バレンタインデー前にスーパーやデパートがチョコレートだらけになるのと同じです。ちまきだらけです。そう言えば4月の清明節前には青団(http://www.small-happy-things.com/issues/?p=11275)という草餅だらけでしたね。

ちまきにも地方によって作り方や具や形に違いがありますが、私の初ちまき作りは台湾人のお友達に教えてもらった台湾風でした。

包んで結ぶ作業がとても難しかった!

そして端午節と言えばドラゴンボート。端午節のことを英語ではDragon boat festivalというくらい。あちらこちらで龍をかたどった細長い舟を使ったレースが行われています。諸説あるようですが、身投げした屈原という愛国者の詩人を救うために民衆が舟を出したのが始まりとか… 

今年はお出かけできなかったので、来年はドラゴンボートをぜひ見に行ってみたい!

miwa